イビョンホン、ソンスンホンの最新グッズはこちらから
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告||TOP↑
イビョンホン、ソンスンホンの最新グッズはこちらから
サムスンはいかにして「最強の社員」をつくったか
世界第三位の携帯メーカー・モトローラが携帯事業を切り離す。中国では国産メーカートップのレノボが携帯事業から撤退。日本の携帯メーカーは今後、何社生き残れるだろうか。

モトローラは世界で初めて携帯電話を世に送り出したメーカーである。
一時はその世界シェアが30%を越え、トップをいくノキアにあと一歩
のところまで迫ったこともある。最近でこそサムスン電子に抜かれシェ
アは3位にまで落ちたとはいえ、いまでも全社売上の約半分、日本円に
して2兆円弱は携帯事業によるものだ。ところがその携帯事業がどうに
も赤字体質を脱却できないらしい。
最新サムスン電子情報は・・・サムスン電子人気ブログランキング
そこで売却を視野にいれた事業分離
という経営判断が下された。


中国のレノボ・グループも携帯電話端末事業から撤退するという。中国
といえば世界最大の携帯市場である。2006年の携帯電話端末販売台数
は実に1億2000万台弱、これは前年対比約35%の伸びとなっている。
つまり中国は世界で最もたくさん携帯電話が売れるマーケットであり、
おそらくは世界で最も急成長中のマーケットでもあるわけだ。


普通に考えれば、メーカーにとってこれ以上に魅力的なマーケットはな
かなか見つからない。しかもレノボ・グループは中国でのシェアが約
6%ある...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


1ウォンの考え、10億ウォンのアイディア


◆サムスン電子関連ブログ記事

関連のブログ最新記事はありません



タグ : 
スポンサーサイト

韓流スターコメント(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック

イ・ビョンホン○秘グッズ

ソン・スンホン○秘グッズ

リンク

韓流最新情報

韓流トラックバック

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。