イビョンホン、ソンスンホンの最新グッズはこちらから
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告||TOP↑
イビョンホン、ソンスンホンの最新グッズはこちらから
レイバン ペ・ヨンジュンRX-8519-1018
 有名人関連株はいつでも食卓の肴となる。特に昨年のコスダック市場では、ペ・ヨンジュンが筆頭株主となったことから、キーイーストの株価が暴騰したのをはじめ、最近では「Rain」関連株が注目されている。先月、歌手Rain(本名チョン・ジフン)が取引停止銘柄となった携帯電話部品メーカー、セイテックを買収(発行済み株式の11.55%を取得)すると報じられて以降、株式市場では個人投資家が同株買いに走っているという。セイテックはRainの買収により、4日に取引を再開し、10日まで5営業日連続でストップ高を演じている。その上、セイテックがキーイーストの連続ストップ高記録を抜くのではないかとの期待も出ている。キーイーストは初取引以降、8営業日連続でストップ高を記録した。 しかし、セイテックの投資家が他山の石として教訓にしていることもある。キーイーストは取引再開直後、7倍近く値を上げたものの、現在の株価は最高値に比べ、約5分の1の水準まで下がった。
最新ペ・ヨンジュン情報は・・・ペ・ヨンジュン人気ブログランキング
芸能人関連株がいかなる末路を辿るのか、キーイーストの事例で見てみよう。◆人生の全盛期は生後8日、得するのは少数 キーイーストはペ・ヨンジュン関連銘柄として話題になり、8営業日連続で株価が高騰し、昨年4月6日に最高値を付けた。初取引が行われた3月27日の株価1万2700ウォン(約1620円)から4月6日には8万6500ウォン(約1万1036円)にまで跳ね上がった。生まれてすぐに人生のクライマックスを味わったようなものだ。 初期の株価急騰は「ヨン様」効果で個人投資家を集めた上、第三者割当増資の大部分が3カ月から2年までロックアップがかかっていることから、取引可能な浮動株がほとんどなかった。最初の7営業日の取引で、実際に取引されたのは7万1388株に過ぎなかったが、8営業日目に株価の上限価格で値が付き、47万1066株が取引された。そのため「最終列車」がいよいよ発車するかのように思われた。しかし「最終列車」が辿った先は、悲惨な末路だった。3カ月後の7月には株価が2万6000ウォン(約3317円)まで下落。取引量は1日200‐300万株に達した。最高値で買った投資家にとっては、投資元本の3分の2が溶けたことになる。申知恩(シン・ジウン)記者

(引用 livedoorニュース)


冬のソナタメルヘン写真立てB


◆ペ・ヨンジュン関連ブログ記事

関連のブログ最新記事はありません



タグ : 
スポンサーサイト

韓流スターコメント(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック

イ・ビョンホン○秘グッズ

ソン・スンホン○秘グッズ

リンク

韓流最新情報

韓流トラックバック

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。