FC2ブログ




イビョンホン、ソンスンホンの最新グッズはこちらから
 一方、李在禎(イ・ジェジョン)統一部長官は5日、NLLの概念について「韓国のどの公式文書にもNLLが領土的性格だと記載された箇所はない。NLLが領土概念だという事項は、どこにも見当たらない」と述べた。 李統一部長官は同日、国会の統一外交通商委員会に出席し、「これまで韓国はNLLを尊重し順守してきた」とした後、上の通り述べた。同長官は8月にも国会で「NLLは領土でなく安保の概念」と述べ、論議を呼んでいる。 同日、李統一部長官は4局のラジオ番組にそれぞれ出演し、NLLなどに対する見解を明らかにした。同長官はMBCラジオに出演した際、「韓国がNLLに固執している状況からすれば、西海上の構造的緊張緩和や平和定着はかなり困難。発想を転換し、西海を平和の海に、経済と平和が統合した概念として見つめよう」と語った。これは「NLL無力化の恐れがあるが」という問いかけに対する答えだ。
最新イ情報は・・・イ人気ブログランキング
一方、SBSラジオでは「NLLは実効性を持ち続けるのか」と尋ねられ、「これから具体的な論議があると思う。今、南北が合意している案があるわけではない」と答えた。ただし、「NLLを守る」という発言はなかった。 また、李統一部長官はKBSラジオでもNLL問題について「狭い枠で見るべきものではない。新たな次元への発展的なきっかけを作ろうということが韓国側の強い提案で、北朝鮮側もこれを受け入れた」と述べた。さらに、「大きな枠で見ようというのはNLLを無視しようということか」という質問に対して、同長官は「そのような言い方はしないでほしい。そういうことではない」と答えた。 ところが、南北首脳会談でNLL再設定問題が話し合われたかどうかについては「(両国首脳は)取り上げていない」と明らかにした。同長官は「西海平和地帯に関し、NLLなどの軍事的問題は国防相会談で、経済協力問題は経済協力推進委員会や閣僚級会談で論議されるだろう」としている。 李統一部長官のこのような発言を見ると、NLL再設定問題も「平和」の観点から南北で協議した上で再設定する可能性があるとも受け取れる。安勇(アン・ヨンヒョン)記者

(引用 livedoorニュース)


■■


◆イ関連ブログ記事

関連のブログ最新記事はありません



タグ : 
スポンサーサイト




韓流スターコメント(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック

イ・ビョンホン○秘グッズ

ソン・スンホン○秘グッズ

リンク

韓流最新情報

韓流トラックバック

ブロとも申請フォーム

RSSフィード